検索避けしたいときは

https://do.gt-gt.org/avoid-searching/

ページ検索・画像検索のどちらの検索結果にも表示されないようにしたい場合

以下のタグを<head>~</head>内に追加してください。
<meta name=”robots” content=”noindex,noarchive,nofollow,noimageindex”>

画像検索結果だけ避けて、ページ検索結果には掲載してほしい場合

こちらのタグも、<head>~</head>内に記述します。
<meta name=”robots” content=”noimageindex”>

既存のWebサイトにバナーを入れるには

バナーの場所を作るには、
まずそのサイトのCMSが何か?確認。
WordPressなら…プラグインで挿入ができるはず。
HTMLで1から作っているなら…imgタグを置く。positionを使うかも。
福和の場合はdivに入れる。

Photoshopでパスを書く

左上をシェイプモードに変えればかけるが、基本は難しいパスを書くようなものはIllustrator。

Photoshopで髪の毛を書く

輪郭1つ、髪の毛用2つ正円を書く

髪の毛正円2つをパスファインダーで合体

上に髪の毛レイヤー置いて、選択した状態でAltキー

上下のレイヤーの間でクリック!

クリッピングマスクがかかり、髪の毛になる!

追加CSS

増やす→検証でいじって、変更したいセレクタ・値だけコピペすればOK
なくす→値をnone指定。

backgroundを追加CSSで挿入する

大きく2パターン

①1枚のフレームになる大きい画像を、position-topで入れる!Wordpressメディアに入れた際出る右タブの絶対パスをコピペ。

②background-repeat:repeat-y;で1枚の小さい画像をリピートさせて使う
※好きな縦位置にするのは難しい。画面幅に依存だし。イラストすれすれのカンバスサイズにすると良いかも。Wordpressメディアに入れた際出る右タブの絶対パスをコピペ。

  • mainに入れる。クローバーのとこはmain!!

→入れると、上に変な余白ができるかも。
・contant thin
・content 両方のmarginを0にする!

backgroundはpadding/borderまでしか適用しないので、余白はpaddingで取る。padding-top:50px;

追加CSSでfont-size変えたい。

セレクタの得点の関係で追加CSSでも効かないときあり。
→font-size: 90%!important; と、!important;をつける!!

中村さんのブラシ☆

小さい1つの画像をブラシに登録する(パターンブラシ)
描いたパスを選択して、ウィンドウ→ブラシ→左下ライブラリ✕?→装飾→ブラシの追加
or
ブラシパネル新規パネルボタン→散布ブラシ→変更したいブラシをWクリックすれば色の変更とかできる

登録したブラシで描いて、画像に保存して追加CSSに入れる。